その他 · 2018/10/03
裁判所の中に入ってからの、つづきです。 例の「ゲート」をくぐり抜けて裁判所に入りますと、「本日の開廷表」が置いてあります。これは何かと申しますと、「●●号法廷で●●時から●●事件の口頭弁論があります。」といったことが記載されている資料なのですが、裁判を見たい(傍聴したい)方は、この資料を見て興味のある裁判を見ることができるのです。...
宇宙法・宇宙産業 · 2018/09/20
本日は、「第一東京弁護士会 総合法律研究所 宇宙法研究部会」に出席してきました。 まず最初に、宇宙法の分野では水島淳弁護士と並んで業界のトップを走っていらっしゃる(と私は認識している)部会員の先生が、ご自身のご経験に基づくお話をされました。...
その他 · 2018/09/13
すっかりご無沙汰してしまいました。。。 ブログは仕事が楽になった時に書こうと思っていたのですが、それだと永久に書けなさそうなので、気合いを入れてPCに向かいました(笑) さて、今回のブログのタイトルですが、以前ある読者の方からリクエストをいただいたテーマでして、大分時間が経ってしまいましたがちょっと触れてみたいと思います。...
配偶者が不倫(不貞行為)をしている場合に、法律上考えられる請求として、不倫相手に対する慰謝料請求(損害賠償請求)があります。 ただ、「法律上考えられる」ということと、現実に慰謝料を受け取れるということとは次元が異なり、両者は必ずしもイコールではありません。...
私どもの事務所では、事業者の方が遭遇するビジネス上のトラブルにも対応しておりますが、それと同時に、一般市民の方が巻き込まれやすい問題も多く取り扱っております。 相続・遺産分割の問題、交通事故の問題、借金の問題、不動産の問題・・・...
依頼者 · 2018/07/11
ある家事調停事件のご依頼をお受けした時の話です。 その調停はすでに別の弁護士によって申し立てられ、調停期日も何度か開かれていたのですが、依頼者が担当弁護士を信頼できなかったということで、その弁護士を解任し、私どものところにご相談にいらしたという経緯がありました。...
弁護士として仕事をするためには、司法試験に合格した後、司法修習を終了する必要があります。 ただ、その過程を終えれば自由に弁護士業務を行えるというものではなく、弁護士は必ずどこかの「弁護士会」に所属しなければなりません(ちなみに、写真は霞が関にある弁護士会館です。)。...
今日は、約1年半にわたって闘ってきましたある事件が和解によって終結しました。 裁判の終わり方といいますと、一般的には「判決」のイメージが強いかもしれませんが、裁判で判決が出されるケースは比較的少なく、実際には「和解」で終わることの方が多いといえます。...
熊谷 · 2018/06/12
このところ、熊谷の家庭裁判所で、離婚裁判や離婚調停などに対応することが多くなっています。 昨年まで所属していた川越の家庭裁判所よりも出頭(出席)する機会が多くなっており、かなりの頻度で熊谷に来ています。 そのような流れの中、今日も熊谷の裁判所で仕事があったのですが、裁判を終えて、いざ帰ろうとしたところ、結構な大雨が降っていました。...
前回のブログ更新から、だいぶ時間が経ってしまいました。 その間、私は、日常業務に加えて、宇宙法の本(共著)の執筆を完成させ、あるいは、第一東京弁護士会の中小企業部会に参加したりと、日々様々なことに取り組んできました。 日々取り組むべき課題があるというのは、刺激的で、ほんとうに有難いことです。...

さらに表示する