弁護士に相談できる内容(問題)

 

ご相談に来られた方の中には、ご自身が抱えている問題について、弁護士に相談できる問題(弁護士が取り扱っている問題)かどうかがわからなかったために、弁護士への相談が遅れてしまったというケースもあります。

 

ここでも結論から先に申し上げますと、弁護士には、そもそも相談できる問題かどうかわからなくても相談することは可能です。

 

仮に、その問題が弁護士の取り扱える問題ではなかったとしても、弁護士は、仕事柄、当該問題を解決するのに適した機関がどこであるのかといった知識をもち合わせていたり、あるいは、お調べして回答することもできますから、弁護士以外の有効な相談先等を紹介してもらえる可能性が大きいと思います。

 

 

このような意味で、身の回りで困ったことが起こった場合、あるいは、これから起こりそうな場合には、まず、気軽に弁護士にご相談なさることをお勧めします。

 

 

もっとも、その際必要となる相談料は、決して安いものではないかもしれません。

 

ですが、実際に問題が起きてから、あるいは、問題がこじれてから弁護士に事件処理を依頼した場合、弁護士費用は相談料の何倍もかかることがあります。

 

また、ご費用の面だけではなく、早い段階でのご相談により、問題の早期解決につながる可能性や、ご本人のストレスが軽減される等のメリットも大きいと思います。 

 

このような点も踏まえて、弁護士への相談をご検討なさってみてください。

 

 

弁護士 吉村 実(弁護士法人ポート法律事務所)